2009年05月29日

「フルーツ忍者ハルナ」もいつかは全国に


実は今日、某新聞社さまに

「フルーツ忍者ハルナ」の話をさせて頂きました。

手前味噌でありますが、結構、気に入って頂きまして

これは・・・もしかすると・・・もしかするかもしれません・・・

フフフ・・・・




 梨之助もいよいよ全国か・・・ウーン感慨深い・・・・
 取らぬ狸の皮算用か・・・・フフフ  


Posted by はるなのフルーツ at 23:16Comments(2)はるなの里フルーツ忍者

2009年05月28日

「遠くとも一度は詣れ善光寺」

宗派を超えて全国の老若男女が信仰をする善光寺。

7年に一度の盛儀であります。

皆様も是非、7年に一度の御開帳を体験してください。



 本田善光さんが、如来様を背中に背負って持ち帰り
 祀りたてたのが、善光寺の始まりだそうな
 ところで手前の女性、トテモ模範的な撮影スタイルです
 ウーン、美的  


Posted by はるなのフルーツ at 21:46Comments(0)フルーツ日記

2009年05月27日

「信州」に惹かれて善光寺参り

7年前は約2ヶ月間で、1075億円の

経済効果があったと言われる信州の善光寺。

今回は折からの不況、ETC効果、定額給付金、
インターネット普及よる周知宣伝、
ありとあらゆる好条件が、そろいまして、
前回以上の経済効果が見込まれるそうです、善光寺。

やはり、この不況を回復改善するのは、
神様、仏様の御威光でしょうか?フフフ・・・・。


 老いも若きも善光寺参り。「祈り」は日本を救うのか・・・

  


Posted by はるなのフルーツ at 22:19Comments(0)フルーツ日記

2009年05月26日

夢中生有! 榛名のフルーツを全国に!


無中生有
 (無の中に有を生ず)

上記は「兵法三十六計」の中の一計。


夢中生有
 (夢をいつかは現実に)

榛名の「フルーツ」を全国周知させる為に生まれた造語。


 本日、5月26日は「榛名果樹」にとって特別な日となります  


Posted by はるなのフルーツ at 21:21Comments(2)フルーツ日記

2009年05月22日

新手 現る!その2

オマエは一体、誰なんだ!


 プラタロウは変身するんです  


Posted by はるなのフルーツ at 19:53Comments(0)はるなの里フルーツ忍者

2009年05月21日

スクスク育つよ群馬のお宝(榛名梨)

最近、ブログ内容で私事が多くて、関係者からは、

「ハハーン、ハイハイ、結局はそう言うことですか・・・」と

暖かくもあり、冷やかでもあり、兎も角、ご指摘を頂くことが多いです。
(しかし、良くも悪くも見て頂いていること自体は大感謝なのです)

と言いつつも、誤解は誤解で解かないといけません。

このブログのタイトルはなんつたって、

「はるなフルーツタイムス」ですからね・・・ハイ



 最近、気づいたんですけど、榛名の梨を
 「群馬の宝石」にすればいいんだなと・・・
 おぼろげながらに、思い始めました・・・  


Posted by はるなのフルーツ at 23:16Comments(0)フルーツ日記

2009年05月20日

花にもルルルで「ハルナ」の調べ

今日は久々に榛名フルーツの話題です。
(本当に久々です)

四万温泉から、榛名山、榛名エリアと車の帰り道、
車窓から気持ちい風が入ってきて

「キミ、キミ、今日は果樹園に寄りなさい」

と聴こえた気がしたので・・・・
誘われる様に、知合いの果樹園さんに。


 夕焼け照らす榛名の「宝石」


 チョット季節外れの「梨の花」
 花を芽衣出る余裕こそが、今、世の中に必要なのでは・・・


いつもお世話になっている、カネカ農園さんと
久々にお話しをさせてた頂きました。
梨の下で、「榛名フルーツ」の未来を語る・・・
つかの間の 「贅沢な時間」 を頂きました。

今日はぐっすり眠れそうだ・・・zzzzz

  


Posted by はるなのフルーツ at 22:23Comments(0)フルーツ日記

2009年05月19日

新手 現る!

新手の仕業か!



              その名はプラタロウ!  


Posted by はるなのフルーツ at 23:52Comments(2)はるなの里フルーツ忍者

2009年05月18日

お元気ですか?ハルナのフルーツ

「最近、ブログの内容が薄いわよ・・・」

などと、有難いご指摘を頂いたりしますが、

決して、私がサボっているのではなく、
世間の「不況」と「サラリーマン」の関係に問題がございまして・・・・

そういえば、ハルナのフルーツ達は元気にしているだろうか?  
タグ :不況


Posted by はるなのフルーツ at 23:05Comments(4)フルーツ日記

2009年05月15日

おぼえて下さい、「梅蔵」です!

梨之助のライバル、梅蔵(うめぞう)です。



 梨之助!覚悟ー!! キエーーーーーイッ!!  


Posted by はるなのフルーツ at 23:57Comments(4)はるなの里フルーツ忍者

2009年05月14日

おぼえて下さい、梨之助

おぼえて下さい、梨之助!


 理念、執念、梨十年!  


Posted by はるなのフルーツ at 23:59Comments(0)はるなの里フルーツ忍者

2009年05月13日

一休み 一休み・・・

皆さん、こんばんは。

何かとお世話になっております。

たった今、帰ってまりました。

と言うことで・・・

本日のブログ更新はお休みでございます。
何卒ご了承下さいませ。

  


Posted by はるなのフルーツ at 23:49Comments(2)フルーツ日記

2009年05月12日

「木曾路はすべて山の中」妻籠宿そのヨンなのヨン

「木曾路はすべて山の中である・・・」
と書いたのは御存知、島崎藤村さん。

島崎藤村さんの淡い恋模様と所縁の妻籠宿。

やはり、国の重要伝統的建造物群保存地区(略して重伝)
でありますから、観光における保全活動も徹底しております。


 観光協会内の保全に関するパネル
 「保全とは何か?→生命を保て!」・・・説得力あります



 「町なみと観光」について記してあります
 ・・・説得力あります



 観光協会の皆様方、みなさん着物をきてのお出迎え
 「妻籠宿らしさ」が伺えますし・・・説力あります!  


Posted by はるなのフルーツ at 20:19Comments(4)フルーツ日記

2009年05月11日

「木曾路はすべて山の中」妻籠宿その山

「木曾路はすべて山の中である・・・」
と書いたのは御存知、島崎藤村さん。

この「木曽路日記」のブログ綴りを、
引張りながら連載しておりますが、
当事者(アタクシ)のコンディションや諸々の事情で
「こんなんでましたけど・・・」 状態なのだと言うことを
お伝えしつつ・・・フフフ



 古くからの友人に逢ってきました。彼の名は「タマ」です
 妻籠宿の水車の近くにいます、もし会う機会があれば、
 私の知り合いだって、言ってみてください。
 もれなく、「アクビ」がご覧になれます



 彼も友人の一人、「クピ」って言います。
 「しろきや」さんの看板ネコです、チョット、オスマシさんかなぁー  


Posted by はるなのフルーツ at 22:20Comments(2)フルーツ日記

2009年05月08日

「木曾路はすべて山の中」妻籠宿その2

「木曾路はすべて山の中である・・・」
と書いたのは御存知、島崎藤村さん。

島崎さんに縁の深い妻籠宿、
その宿場「藤乙」で頂く、
お食事は味わい深いものが御座います。


 「藤乙」で頂く馬刺し定食



 妻籠にお越しの際は是非どうぞ  


Posted by はるなのフルーツ at 23:27Comments(6)フルーツ日記

2009年05月07日

「木曾路はすべて山の中」妻籠宿その1

「木曾路はすべて山の中である・・・」
と書いたのは御存知、島崎藤村さん。

連休中に訪れた、旧中山道行脚の随所をご紹介。
(アッ、このブログいつから私物化したのだろう・・・)



 妻籠宿のとある宿場の二階から



 この庭園を望みながら拝読する、「少年児雷也(ジライヤ)」
 何ものにも変え難い、最高の贅沢でしょう・・・間違いない!!  


Posted by はるなのフルーツ at 23:17Comments(2)フルーツ日記

2009年05月06日

「人も歩けば郷(ごう)にあたる」信州高遠

旅行雑誌や観光パンフレットに載っている
観光名所も確かに素晴らしいですし、
それを目当てに旅することも、出掛ける動機のひとつでありました。

ですが・・・

とある民俗学者のコメントを聞いてからは、
もう一歩踏込んだ、「旅」を楽しむ事が出来るようになりました。
そのコメントとは・・・

・「旅」に出たならば、「うかうか」しててはイケナイ

・高いところから、その土地を伺え

・屋根、道、川、畑の土色、全てのものに興味を示せ


さて信州は高遠伊那に行って参りましたアタクシ、
峠から人里に出て来て、山の中腹を見ると
アタクシの心を揺さぶるような、立派な建物が見えます・・
車を止めて、あぜ道を歩いてゆくと・・・


 藁葺きがトテモ似合う、古寺を発見!そうそう高遠といえば・・・


 もう少し近づいてみると・・・アレアレ・・・?


 白壁に穴が空いている・・・、藁葺きも傷んでいるのか・・・

この古寺、藤沢山 慈照寺をアタシが物珍しく、ウロチョロしていると
散歩をしにきた、地元の男性が話しかけてきてくれました。

男性 「立派なお寺(でら)だでよ、さぐら(桜)の時期は沢山、人がくるだでよ
    お兄さんは、どご(どこ)がら、いらした出よ」

私  「アッ、コンニチハ、私は群馬県高崎からきました、このお寺、立派ですね
    古いですか?、壁とかに穴が空いていますけど・・・」

男性 「昔はこの辺も、人が沢山おったでよ、藁葺き屋根、交換しだり
    お寺(でら)を大事にしてだんだがよ、いまじゃ爺と婆しがおらんでよ
    修理するものもおらんでよ、このありまさじゃ・・・
    そんでもよ、毎年の時期はなぁ、あんだみだいな人がなぁ
    北海道や鹿児島からを見にくんよ」

私  「そうですか、あ、高遠は、有名ですものね、そうそう高遠城の

男性 「あんだもんは、わしら地元のもんは見にいがんよ、混んでて
    上まではワシらは足が悪うてあるげんしね・・・」

私  「そうなんですか・・・、そう言えばこの辺は立派な蔵を持つお家が
    多いですね、みんな御大臣さんですね」

男性 「いやーおでいじんなんで、とんでもねぇよ、この辺じゃ昔から
    食糧をなぁ、やまおぐなんでなぁ、保存しどくんよ」

私  「あ、あ、そうなんですか・・・、でも素晴らしい景色ですね」


男性 「そうがね、そうがね、でもんよ、さいぎんじゃ、猿と猪がおおぐでよ
    爺と婆だけじゃ、どうにもならんだでよ、そのうぢよー年寄りはよー
    猿や猪においだされてよー、やつらに占拠されんよーハハハハ」

アタクシは男性に丁寧に挨拶をし、その場を後にすると、
男性はいつまでも、ニコニコしててくれました・・・。


最近、仕事上で「限界集落」なる言葉を知る事が出来ました。
男性との会話をしている最中、この言葉が何度も頭の中を巡りまして・・・

きっと、あの立派な古寺が修復出来ないことも、
猿や猪が住民を困らせているのも、
この「限界集落」という言葉に、通づるところがあるのだろうと
考えつつ、車を走らせるのでありました。(法定速度を守りながら)

観光名所見て、その土地のモノを食すことも
素晴らしい「旅」になるでしょう。
しかし、車から降りてみて、歩いてみて、
地元の人との何気ない会話してみると、
それにも「勝る」何かが得られる事を、
今回の旅で改めて知ることが出来ました、へへへ。

  


Posted by はるなのフルーツ at 21:35Comments(2)フルーツ日記

2009年05月06日

「価格破壊」と「自動販売機」の所業

連日、このブログにお越し頂いている皆様
いつもありがとうございます。

先日から「木曽路」レポートを掲載する予定でいるのですが
今回の旅におきましては、「思う事」が様々御座いまして・・・
なかなか、本題に入れないのが正直なところであります。

そのひとつが・・・
今回の私の木曽路のルートは以下の通り

R254→佐久→佐久穂町→小海→諏訪→高遠→伊那→南木曽

と一般道国道・県道を主に車で旅したわけですが、
混雑もなく、のどかな田園風景や山々の木々新緑を楽しみながら
ゆったりしたドライブでありました。ところが・・・
ある峠の自動販売機をみて、

「こんなところにもか・・・」

と、少し意気消沈気味に・・・。

その自動販売機には大きなポップで

「価格破壊!オール100円!」

と貼ってありました。

最近では聞き慣れてしまった、「価格破壊」の四文字。
連日、TVCMや雑誌にも登場するこの四文字は一体何?
外国の方が来日し、人気のない山中で煌々と光っている
「自動販売機」をみて、不思議に思うらしいのですが、
その山中の自動販売販売機に「価格破壊」の四文字・・・。


 素晴らしい信州の大パノラマ。その影に「価格破壊」が潜むとは・・・
 
  


Posted by はるなのフルーツ at 12:01Comments(2)フルーツ日記

2009年05月05日

流石は主婦だぜ!(観光地における醍醐味)

このゴールデンウィークを利用し
信州は中山道、妻籠宿、馬籠宿、奈良井宿に行って参りましたが、
(近日中にレポート報告します)
偶然近くを歩いていた、観光客主婦の会話に「ハッ!」とさせられたとです。
「盗み聞き」と言えば聞こえが悪いですが、
「常にアンテナを張っている」と言えば、「抜目のない者」としても見て頂けます。


 ある主婦達の会話から
 
 Aさん「どうしようかしら、何処みようかしら?・・・」
 
 Bさん「何言ってんのよ、何食べるでしょう?」
 
 Cさん「でも、だってさァ、観光地はチョット高くない?」
 
 Bさん「まったく!何言ってんのよ!せっかく、ここまで来たんだから!
     ケチケチしないで、食べて楽しまぁなくちゃぁでしょうよ!」
 
 A,Cさん「・・・それも、そうね」


 流石は主婦、この会話に全てが「凝縮」されてるぜ!
 
  


Posted by はるなのフルーツ at 16:18Comments(4)フルーツ日記

2009年05月01日

『朋の遠方より来る有り』in信州中山道

「落着きがない」に関しては、
    いまさらどうにもなりません・・・。

7年に一度のご開帳も、気になりますが
信州妻籠の旧い友に逢ってまいります・・・



 昨年撮影の妻籠宿、旧い友人に逢いに行きます・・・



 誰かさんと一緒で、気が利いてるんです
   


Posted by はるなのフルーツ at 21:57Comments(2)フルーツ日記